ファミリー

冬虫夏草という新種の菌|中国古来の健康食品

東洋医学を頼る魅力

漢方

副作用がない画期的な治療

更年期障害の治療はホルモン補充療法が有名ですが、副作用リスクも指摘されています。副作用の心配がない方法で更年期をどうにかしたいとお考えなら、漢方治療を検討してみて下さい。西洋医学に基づく一般的な治療では、更年期障害をホルモン補充療法で治すのが主流になっています。その点漢方治療は、更年期障害と言うだけで同じ薬を処方することはありません。なぜなら、ホットフラッシュや肩こりなど同じ症状が現れていても、根本的な原因は違うからです。症状が起こる原因は、自律神経がおかしくなっているせいかも知れませんし、冷えが影響しているかも知れません。舌やお腹を医師が見て原因を探り、体質を改善する漢方薬を処方するのが東洋医学のやり方です。漢方は副作用がほとんどなく、体質改善もできるので本当に画期的な治療法です。

体質によって処方薬を決定

東洋医学に基づく漢方治療で更年期障害を治す場合、最初に体質を判断します。例えばがっちりした体格で、元々月経が不順だった患者さんなら、血液をきれいにする漢方薬を出します。痩せて疲れやすい体質で、貧血やめまいの症状を訴えている患者さんには、虚弱体質を改善する漢方薬を処方します。普通の体型でバランスが取れた体質なら、手足の冷えや身体のコリを取る漢方薬を飲むよう指示されるでしょう。漢方の種類はたくさんあるので、さらに細かく問診して具体的な薬を決定します。オーダーメイドというわけです。自分の体質に合ったものを個々に選んで貰えるので、「漢方薬で初めて更年期障害が楽になった」と報告する患者さんが少なくありません。保険で処方して貰える病院が増えているので、ご近所の医療機関をチェックしてみて下さい。